FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支配される悦び

沢山のアクセスのおかげで、
ブログランキングでベスト10に入ることが出来ました!!
<FC2ブログランキング>


彼が欲しくて仕方ない私は、そっとペニスを握ります。

えっ・・・ 何これ・・・

衝撃でした。
信じられないサイズに、思わず顔を近づけて凝視してしまいました。

まるで、お化粧の瓶みたい・・・
それが素直な感想です。

口に含もうと頑張りますが、大き過ぎて顎が外れそうです。
先端部分を咥えるのがやっとです。

んぐっ んっぐっ 
むせびながら必死に舐めました。

唾液でベトベトになったペニスは更に膨張して、
コチンコチンに硬さを増します。

「無理・・・こんな大きいの挿れられないよおぅ」

「そっと少しづつ、ゆっくり挿れてみようぜ。 大丈夫だよ。」

「無理だようぅ こんなの挿れたら私のが壊れちゃうよおうぅ」

そう言いながらも、私のあそこはグチョグチョに濡れています。
彼を受け入れたくて仕方ないのです。

「やっぱり挿れたい」
「自分で挿れてみてもいい?」

仰向けの彼にまたがり、
巨大なペニスを握り、
愛液で濡れた膣に誘導します。

太くいきり立ったペニスの先端を膣口に合わせ、ゆっくりと挿入します。
自分のペースで挿れないと、膣が壊れそうで怖かったのです。

グリグリグリ グッグッ
1ミリずつ時間をかけて、ゆっくりと挿入します。

メリッメリメリッ
ペニスが膣壁を掻き分けながら、強引に侵入してきます。
何分もかけて、やっと根元まで辿りつきます。

「あっ あふぅっ」
「すごい、本当に挿っちゃったよぅ」

身体の中が彼ので埋め尽くされています。
隙間無く占領されています。
身も心も彼に支配されているという満足感に酔いしれます。

かつて感じたことの無い充足感。
全身を完全に支配されたこの感覚こそ、
女の悦びの極致だと想いました。

眼を閉じて悦びに浸っている私を、彼は容赦しません。

初めての感覚にうっとりしている私を、
もっともっと覚醒させようと、
彼はゆっくりと力強く、腰を上下に動かし始めたのです。
関連記事

テーマ : 不倫 婚外恋愛
ジャンル : 恋愛

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

今日子です

Author:今日子です
今日子:アラフォーの人妻です

こんなに心奪われる男性がこの世に存在していたとは・・・
恋に堕ちた人妻の日記です。

不快に感じる方は、
そのまま通り抜けてください。

管理人の判断でコメントを
削除させて頂く場合があります。

初めてご訪問の方は、
カテゴリの1から順番に
お読みください。
(出逢いから現在までを順に並べております。)

応援してくださる方は、
プチッと一票お願いします。

カテゴリ(時系列です)
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
リンク
運命の日
QRコード
QRコード
最新記事
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。