スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

溢れ出る・・・

沢山のアクセスのおかげで、
ブログランキングでベスト10に入ることが出来ました!!
<FC2ブログランキング>


旦那以外の男性に抱かれるのは16年ぶりです。
緊張して、ベッドに入ります。

「大丈夫だよ、安心して。」

優しく囁く彼に、巻いていたバスタオルを剥ぎ取られました。
強く抱きしめられながら、唇をふさがれます。
粘膜と粘膜が絡み合うねっとりとしたキスに、全身の力が抜けてしまいます。

唇から唾液が流れ落ちても、おかまい無しに続く溶けるようなキス。
首から耳元へ唇が移動し、耳の奥のほうにフウッと吐息を吹きかけられます。
「あぁっ」思わず声が出ちゃいます。

彼の両手は背中から腕へ、わき腹へ、そして胸へ、
触れるか触れないかの絶妙なタッチで、優しく器用に撫で回してきます。

そして乳腺付近を揉みしだきながら徐々に力が強くなり、
決して乳首には触れずに、胸を揉みあげるように強く刺激してきます。

「もう我慢できない、早く乳首を触って欲しい・・・」
そう願った瞬間に、感じやすい胸の先端が彼の口に吸い込まれます。

「ああぁぁっ」全身をよじらせて感じている私がいました。
そして、彼の手は太ももをまさぐり、閉じていた足は強引に開かれ、
奥に隠された秘部へと近づいてきます。

そして秘部の中心にある一番敏感な尖った突起の周囲を、指で撫で回されます。
撫でていた指先はやがて舌先に代わり、
敏感な突起にはまだ触れず、その淵を円を描くように厭らしく舐め回し続けます。

「ああっ クリそのものを舐められたい、早く舐めて~」
と想いながらも、恥ずかしくて口に出して言うことは出来ません。
焦らしに耐え、必死に悶えていると、 「フウッ~」息を吹きかけられました。

神経が研ぎ澄まされた敏感な突起には、吹きかける息の刺激だけで十分でした。
ジュワーっと厭らしい液体が溢れ出し、おしりまで垂れるのが分りました。

そしてクリクリクリクリ・・・
ビンビンに尖った陰核を舌で転がされると溢れる愛液が止まりません。
小刻みでリズミカルな舌の動きに、あっという間に昇りつめてしまいました。

全身で彼自身を受け入れたくて、もう我慢できません。
「お願いします。挿れてください。」
初めて抱かれる彼に、自ら懇願している淫らな私がいました。(きゃ~)

この直後、
あんな信じられない衝撃が待ち受けているとは・・・
この時はまだ想ってもいませんでした。
関連記事

テーマ : 不倫 婚外恋愛
ジャンル : 恋愛

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

今日子です

Author:今日子です
今日子:アラフォーの人妻です

こんなに心奪われる男性がこの世に存在していたとは・・・
恋に堕ちた人妻の日記です。

不快に感じる方は、
そのまま通り抜けてください。

管理人の判断でコメントを
削除させて頂く場合があります。

初めてご訪問の方は、
カテゴリの1から順番に
お読みください。
(出逢いから現在までを順に並べております。)

応援してくださる方は、
プチッと一票お願いします。

カテゴリ(時系列です)
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
リンク
運命の日
QRコード
QRコード
最新記事
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。