スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私も彼も元気です♪

超久しぶりの更新です。
更新していないにも関わらず、
ブログに足を運んでくださっていた方々、
心配してメッセージをくださった方々、
本当に有り難うございます。

日本中が大混乱のこの時期ですから、
私と彼の周りの環境も例外ではなく、
簡単に逢える状況ではありませんでした。

とは言っても、電話やメールは毎日しており、
逢えなくても、
心はしっかりと繋がっておりました♪

そしてやっと、
五ヶ月ぶりのデートが実現しました。
彼の出張が急に決まり、私の住む街に来てくれたのです。
今回は、その報告をさせて頂きます。

久しぶり過ぎる再会に、
実は、前日からドキドキが止まりませんでした。
彼の宿泊先のホテルに向かいながらも、胸の鼓動は高まるばかり。

部屋のドアを開けると、
優しく微笑む見慣れた彼。

元気そうなお顔を見て、
全身の力が抜けてしまいました。
そんな私を抱きかかえるようにベッドへ運んでくれました。

懐かしい唇の感触を唇で確かめながら、
極自然に舌を絡めるうちに、
胸が落ち着き心地良い安心感に包まれてしまう私でした。

彼に抱きしめられると、
徐々に身体が熱くなります。

いつのまにか着衣は剥ぎ取られ、
柔らかい指先で身体を撫でられると、
全身に悦びの鳥肌が立ち、
恥ずかしいくらいに敏感になっていました。

芯の部分にはまだ触れられてもいないのに、
かなり濡れていたと想います。
彼をそっと確認すると、
同じように準備が整っているのが解かりました。

「このまま挿れてください。」
そうお願いした瞬間、
前儀もなしに、いきなり侵入されました。

久しぶりの衝撃が身体に刺さります。
でも十分過ぎるくらいに濡れていた粘膜が、
彼を包み込み受け入れてしまいました。

「今日子、どうしてこんなに濡れているんだい?」
甘く優しい声が私を攻めます。
繰り返される大好きな言葉攻めにうっとりとしながら、
やがて絶頂を迎えました。

残念ながらお泊りは出来ませんでしたが、
その後お食事デートをゆっくり愉しんで、
別れ際にもう一度だけ抱いていただきました。

夕暮れからのわずか数時間の逢瀬でしたが、
とろけるような素敵な時間を過ごす事が出来ました。
身も心も満たされた幸せな夜でした。


恋愛ブログランキングに参加しています
<ランキング応援>
応援クリックに、いつも励まされております♪


スポンサーサイト

テーマ : 婚外恋愛
ジャンル : 恋愛

プロフィール

今日子です

Author:今日子です
今日子:アラフォーの人妻です

こんなに心奪われる男性がこの世に存在していたとは・・・
恋に堕ちた人妻の日記です。

不快に感じる方は、
そのまま通り抜けてください。

管理人の判断でコメントを
削除させて頂く場合があります。

初めてご訪問の方は、
カテゴリの1から順番に
お読みください。
(出逢いから現在までを順に並べております。)

応援してくださる方は、
プチッと一票お願いします。

カテゴリ(時系列です)
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
リンク
運命の日
QRコード
QRコード
最新記事
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。