スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと相応しい女になりたい

何が原因ってわけでもなく、メンタルが急激に沈んでしまうことがあります。
普段はプラス思考なのですが、時々マイナスのスパイラルに陥ってしまいます。
最近の状況がそうでした。

そんな素振りを彼にはこれっぽっちも見せていないつもりでしたが、
鋭い感性を持った彼には全てがお見通しだったようです。
彼からこんなメールを頂きました。

-----------------------------------------------------------------
最近の今日子はちょっと疲れ気味のようで心配しています。
仕事が超多忙な時期だから、心のバランスが崩れてしまっているのかな。
まずはしっかり睡眠を摂って、その身体を休めて欲しい。

こういう時には頑張り過ぎないことが大事。
仕事と家庭の全てを完璧にこなそうと気を張ると、
空回りして上手く行かなくなるからね。

あまり考え過ぎちゃダメだよ。
気楽に行かなきゃ。
今日子が疲れてしまったら、周りにいる子供達も楽しくなれないぞ。

頑張り過ぎや考え過ぎは逆効果になるだけだから、
肩の力を抜いてまずは自分を大切にしなさい。
意味解るよね。

今日子は器用じゃないから、色々考え過ぎて疲れてしまってるんだよ。
僕が大好きな笑顔の今日子に戻って。
いつものプラス思考で元気になろうぜ。

本当はそばで抱きしめて勇気づけてあげたい。
今日子の○○○より、精一杯の愛を込めて。
-----------------------------------------------------------------

彼から頂いたこのメールで、沈んでいたマイナスの海から引き上げて貰いました。
心の余裕を無くしていた自分に気付かされました。
私の心にいっぱい響いたこのメールは、ずっと大切にしていきたい宝物です。 

その一語一句があまりにも的確で、はじめは胸に突き刺さって苦しくなりました。
何も言わなくても私のこと全てお見通しなんだなぁ・・・
この人には嘘はつけないなぁ・・・ って。

彼はとても優しくて大きな存在です。
私を一番理解してくれて、そして我慢してくれています。
こんな風に彼を困らせるのは一番嫌なのに・・・

淵の無い広い心で私を包み込んでくれる優しくて紳士的な彼。
そんな彼にもっと相応しい女になりたいと想います。
というわけで、元気を取り戻しつつある今日この頃です。

ところで、彼のメールの文章って私の書くのとなんとなく似てません?
お付き合いする前の沢山のメール交換で、まず彼の文章に惚れてしまった私。
3行刻みで綴る彼独特の小気味好い文体が大好きで、ずっと参考にさせて貰っています。
いつも私の大切な先生です。

<応援の一票クリック>
   ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングを応援してください。
応援クリックが、更新の励みになっています。
スポンサーサイト

テーマ : 婚外恋愛
ジャンル : 恋愛

久しぶりにデートして

2月の半ば、彼と旅行に行きました。
お互いのスケジュールが合わず、逢うのは2ヶ月ぶりでした。
こんなに間があいたのは初めてです。

毎日電話で声は聴いているものの、2ヶ月ぶりの再会はかなりドキドキします。
空港で彼の到着を待ちながら、初めてデートした日の待ち合わせを想い出しました。
この2ヶ月間の空白は、やや慣れてきた私を初心に戻してくれたようです。

カフェでランチしながらお喋りしたり、
手を繋いで公園をお散歩したり、
バーでピッタリ寄り添ってカクテルを頂いたり・・・

久しぶりの再会が嬉しくて、私はずっとニコニコ笑顔だったと想います。
大好きな男性と同じ空気を吸っている幸せ
その男性が私を想ってくれているという幸せ

こんなに幸せな状況にいれることに感謝しよう。
この素敵な男性に見合う女になろう。
もっともっと女を磨こう。

彼の存在は、私をプラスに導いてくれます。
日常の慌ただしさに忘れかけていた自分自身を取り戻し、
両手に持ちきれないくらいの元気を貰いました。

詳しく書きたい旅のエピソードもあるのですが、
とにかく忙しい毎日に追われていますので、
まずは、旅行デートを終えての私の気持ちを書きました。

それと・・・
2ヶ月ぶりに彼と肌を重ねて、ちょっと感じたことがありましたので、
次回はエロスを書こうと想います。(笑)

<応援の一票クリック>
   ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングを応援してください。
応援クリックが、更新の励みになっています。





テーマ : 婚外恋愛
ジャンル : 恋愛

官能の世界へ

部屋に入り荷解きを済ませると、彼が歯磨きをしてくれました。
ベッドに仰向けになり口を大きく開ける無防備な私。
心を許した彼だからこそ、こんな姿をさらけ出せるのです。

吐息を感じる距離で、歯ブラシをシャカシャカと小刻みに動かす彼。
このあと2ヶ月ぶりに抱かれると想うと、自然に興奮してきます。
「まさか下のお口も涎(よだれ)でいっぱいになってるんじゃないだろうな?」

当然のように濡れているのが、触らなくても分かりました。
質問には答えずにうがいをすませ、バスローブを羽織って彼の待つベッドへと戻ります。
逢えなかった時間で、裸体を見られるのがちょっぴり恥ずかしい私がいました。

彼に被さるように柔らかなキスを繰り返し、次第に舌を絡めた濃厚なキスに酔いしれます。
久々だから恥ずかしいなんて想いはつかの間でした。
彼の肌の感触に触れたくて、いつもの自然な姿で肌を重ねていました。


二人の唾液でベトベトになった彼の唇が、耳元から首筋をゆっくり愛撫してくれます。
同時に両手で全身を這うように撫でられると、体がビクンと反応します。
敏感に尖った乳首を舐められた瞬間、秘部から愛液が溢れ出しました。

「あれっ 下のほうから厭らしい匂いがするぞ。」
「何の匂いか調べるから、脚を開いてごらん。」
「おいおい今日子、ア○ルの方まで垂れてるじゃないか。」

彼の意地悪な言葉責めは、二ヶ月振りの想いに重なり、火照った身体を更に熱くさせます。
もっと辱しめて欲しい、もっと淫らな官能の世界へ連れてって・・・
彼の前だけでは、そう懇願する素直な女になってしまいます。

秘部にフウッと息を吹きかけられると、もうたまりません。
愛液がジュワッと滴る部分を優しく激しく苛められると、
彼が欲しくて仕方なくなりました。

「もう挿れたい。」
「貴方のぶっとい○○○を、私の厭らしい○○○○に挿れてください。」
倒れてしまいそうな卑猥な言葉でおねだりする厭らしい女になっていました。

<応援の一票クリック>
   ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングを応援してください。
応援クリックが、更新の励みになっています。

テーマ : 婚外恋愛
ジャンル : 恋愛

2ヶ月ぶりに抱かれて

騎乗位の姿勢で彼の上に跨ります。
いきり立ったペニスを握り、潤った秘部へと誘導するのです。

入り口は愛液が滴るほど濡れているのに、
反り返ったそれは余りにも大きくて、簡単には挿りません。
丁寧に慎重に押し当てます。

少しづつ腰を下ろして、ゆっくりと挿し込むのです。
メリッ メリメリッ
巨大なそれは、膣壁を掻き分けながら侵入してきます。

半分を越えた辺りからは、彼のサイズで初めて開かれた
奥深くの快楽を感じる場所へと突き進みます。

あっ あはぁん ダメ~
凄いよ!裂けちゃいそう
あぁ~ 

私のペースで、ゆっくりと1mmづつ挿入します。
長い時間をかけて巨大なペニスの根元に到達した時、
体中が彼で埋め尽くされ、二人がひとつになった幸せな充足感に包まれました。

この感覚が堪らなく好きなのです。
腰を振れば、子宮のずっと奥のあり得ないところに当たります。
同時に陰核がこすれて、中から外から込み上げる快感に襲われます。

「もっともっと突き刺して~」
「私の厭らしいお○○○をグチョグチョにして」
「ダメ~ ダメ~ お○○○気持ちいい~」

無意識に猥褻な言葉を発する自分に気付きます。
興奮している私を覗く彼の顔に辱められて、
余計に腰を激しく前後しながら絶頂に達しました。

彼のサイズにすっかり慣れたつもりでしたが、
2ヶ月のブランクが身体の中までリセットしてくれたようです。

2ヶ月ぶりのセックスは、はじめて彼と結ばれた時の感覚を想い出させてくれました。
メリメリと侵入してくるあまりにも大きな存在感への驚きと感激。
私の厭らしい部分が壊されてしまいそうなくらい突き上げてくる、彼の逞しい腰の動き。

お口に出してもらった大量のザーメンを飲み干し、余韻に浸りました。
いつも私と愛し合った結晶を頂くのです。
「毎回お口に出してね」と約束しています。

今までザーメンを飲んだことがあるのは、彼のだけです。
彼と出逢うまで、下ネタが苦手でセックスに興味が無かった私。
過去に付き合った彼氏や旦那には、頼まれてもお口でくわえるのさえ拒否してきました。

でも彼だけは特別な存在です。
彼になら何をされても受け入れたいし、何でもしてあげたいのです。
この男性といつまでもずっとずっと愛し合いたいと願います。

2ヶ月ぶりに抱いて頂いて、初心に戻ることが出来ました。
付き合いはじめた頃のトキメキやドキドキ感を取り戻しました。
乙女のような純粋な想いを胸に、これからも彼との関係を大切にしていきたいです。

<応援の一票クリック>
   ↑ ↑ ↑ ↑
ブログランキングを応援してください。
応援クリックが、更新の励みになっています。

テーマ : 婚外恋愛
ジャンル : 恋愛

ごきげんな夢

久しぶりにブログを書きます。
更新が滞っている間も、沢山のコメントを頂き有難うございました。
自分の気持ちを整理する意味で、私と彼の夢について書こうと想います。

何もかもが許された恋ではないけれど、
お互いの気持ちを確かめる度に想いは益々強くなります。
いつかは一緒になりたいと願う気持ちは、私達二人ともがいつも持っています。

ただ、彼と共通して抱いている考えがもうひとつあります。
背負った責任は最後まで投げ出すことは出来ないという想いです。
決して我慢しているのではなく、それが私達なりのけじめなのです。

子供はいつか独立します。
旦那に対する愛情は、彼へのそれとは比較できない位になってしまったかも知れません。
だからと言って、それらを捨てて相手の元へ飛び込もうとは考えられないのです。

私はワガママで天邪鬼な女です。
愛情の押し付けのような束縛的な愛情表現には、醒めて拒絶してしまいます。
自分や時間に余裕が無い時は、マイナス思考に堕ちてしまうことも多いです。

そんな扱いにくい女を、広い心で受け止めてくれる彼に感謝しています。
もし彼が家庭を投げ出すような人だったら、惹かれることはなかっただろうと想います。
彼と想い合いながら過ごせる今の環境に感謝しながら、ずっと先のいつかを夢見ています。

戻せるものなら、時間軸を独身の頃に巻き戻して彼と出逢いたいけれど、
お互い家庭を持ってから知り合ってしまいました。
この先どんなに燃え上がったとしても、その環境を壊す事は無いと想います。

ただし、ずっと長生きすれば、いつかは独り身に戻れる時が来るはずです。
勝手ではありますが、私と彼は『ずっとずっと長生きしようね』って誓い合っています。

一緒に目覚めて、二人でお洒落して、手を繋いで歩きたい。
ショッピングして、同じお部屋に帰って、二人で仲良くお料理するの。
ずっとずっと先のささやかな二人暮らしを夢見ています。

年老いてではありますが、彼との暮らしを想像するだけでもうっとりします。
私をこんなにも穏やかな心にしてくれる彼という存在に感謝して、
決して焦らずに、丁寧に大切に時を重ねていきたいと想うのです。

書き進むうちに気付いたのですが・・・
以前書いた日記『ずっとずっと先の夢』と内容がカブってしまいました。
彼とのお付き合いの根幹をなす部分ですので、重複をお許しくださいませ。(笑)

<応援の一票クリック>
   ↑ ↑ ↑ ↑ブログランキングを応援してください。

応援クリックが、更新の励みになっています。



テーマ : 婚外恋愛
ジャンル : 恋愛

プロフィール

今日子です

Author:今日子です
今日子:アラフォーの人妻です

こんなに心奪われる男性がこの世に存在していたとは・・・
恋に堕ちた人妻の日記です。

不快に感じる方は、
そのまま通り抜けてください。

管理人の判断でコメントを
削除させて頂く場合があります。

初めてご訪問の方は、
カテゴリの1から順番に
お読みください。
(出逢いから現在までを順に並べております。)

応援してくださる方は、
プチッと一票お願いします。

カテゴリ(時系列です)
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
FC2ブックマーク
リンク
運命の日
QRコード
QRコード
最新記事
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。